市場ニュース

戻る

【材料】ロート薬が続落、16年3月期4.1%営業増益予想、再生医療関連新会社設立も利益確定売り

 ロート製薬<4527>が続落。同社は14日の取引終了後、今16年3月期の連結業績予想を発表。売上高1640億円(前期比8.1%増)、営業利益137億円(同4.1%増)、純利益88億円(同2.0%増)と増収増益を見込んでいる。ただ株価は14日に一時1795円まで買われ年初来高値を更新していることから、この日は利益確定売りなどに押されている。
 国内は、主力のアイケア関連品に加え、「肌研(ハダラボ)」シリーズや新ブランドのスフレファンデ「SUGAO」、次世代型洗浄剤「ケアセラ」などビューティー関連品の育成に注力。海外では、中国をリード役に台湾やベトナム・インドネシアなどのASEAN諸国の成長を見込んでいる。これに加えて同社は現在研究を進めている再生医療関連の特許管理と共同研究の管理および導出を目的とした新会社「インターステム」を設立することも発表しており、再生医療への取り組みも注目される。

ロート薬の株価は10時41分現在1622円(▼157円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均