市場ニュース

戻る

【決算】大林組、非開示だった今期経常は21%減益、未定だった配当は32円実施

大林組 【日足】
多機能チャートへ
大林組 【日中足】
 大林組 <1802> が8月3日昼(12:00)に決算を発表。21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比20.3%減の224億円に減った。
 併せて、非開示だった通期の業績予想は連結経常利益が前期比20.8%減の1260億円に減る見通しを示した。

 同時に、従来未定としていた今期の上期配当を16円(前年同期は16円)実施するとし、従来未定としていた下期配当も16円実施する方針とした。年間配当は32円となる。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の5.7%→4.8%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  2021年3月期の業績予想につきましては、2020年5月15日の2020年3月期決算発表時においては、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を検証中であり、同時点でその影響額を合理的に算定することが困難であることから未定としておりました。その後、一部の海外工事を除きほぼ全ての工事が施工を再開し、それまでの工事中断等の影響額を合理的に算定することが可能とな»続く

日経平均