市場ニュース

戻る

【決算】大日本住友、上期最終を一転9%増益に上方修正

大日本住友 【日足】
多機能チャートへ
大日本住友 【日中足】
 大日本住友製薬 <4506> が10月21日大引け後(15:00)に業績修正(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益を従来予想の220億円→303億円(前年同期は278億円)に37.7%上方修正し、一転して8.7%増益見通しとなった。
 なお、通期の最終利益は従来予想の360億円(前期は486億円)を据え置いた。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 売上収益は、各セグメントとも堅調に推移しており、前回発表予想に対して21億円増の2,306億円となる見込みです。コア営業利益は、増収に伴う売上総利益の増加に加え、販売費及び一般管理費の進捗が想定を下回ったことから、前回発表予想を53億円上回る見込みです。営業利益は、がん領域において、開発計画を含む事業計画の見直しを実施したことに伴い、同領域の事業に係る無形»続く

日経平均