市場ニュース

戻る

【決算】タチエス、上期最終を一転赤字に下方修正

タチエス 【日足】
多機能チャートへ
タチエス 【日中足】
 タチエス <7239> が8月8日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終損益は12.6億円の赤字(前年同期は15.8億円の黒字)に転落した。
 併せて、4-9月期(上期)の同損益を従来予想の5億円の黒字→9億円の赤字(前年同期は4.6億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。
 なお、通期の最終利益は従来予想の36億円(前期は19.5億円)を据え置いた。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の3.2%→-1.7%に大幅悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  2020年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想につきましては、売上高の減少が見込まれることに加え、日本及び中南米における収益改善活動の遅れや中南米で新規受注した部品の生産立上げ費用の増加が見込まれることから、売上高及び利益面ともに今回修正するものであります。 なお、2020年3月期通期の業績予想につきましては、現時点では未確定要素が多いため、当初の予想»続く

日経平均