市場ニュース

戻る

【決算】ショクブン、前期最終を赤字拡大に下方修正、対純資産で48%の赤字

ショクブン 【日足】
多機能チャートへ
ショクブン 【日中足】
 ショクブン <9969> [東証2] が5月1日朝(08:45)に業績修正を発表。18年3月期の連結最終損益を従来予想の3億9400万円の赤字→8億0600万円の赤字(前の期は1億4900万円の赤字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。赤字額は前の期末の純資産を47.7%毀損する規模となった。ただ、通期の連結営業損益は従来予想の7300万円の赤字→4400万円の赤字(前の期は2700万円の赤字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益も従来予想の2億6300万円の黒字→1億4900万円の赤字(前年同期は2800万円の赤字)に減額し、一転して赤字計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成30年3月期通期業績予想につきましては、売上が当初見込みから下振れしたことに加え、台風や長雨による低温で野菜の生育が悪くなったため、仕入価額が高騰し製造原価が上昇したことで、収益面で厳しい状況となっております。販売管理費においては、各種施策を実行し経費削減に努めており、前年対比減となる見込みではありますが、粗利利益率低下の影響が想定以上に大きく、営業»続く

日経平均