市場ニュース

戻る

【決算】マミヤOP、前期経常を81%下方修正

マミヤOP 【日足】
多機能チャートへ
マミヤOP 【日中足】
 マミヤ・オーピー <7991> [東証2] が4月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の7億円→1億3200万円(前の期は8億9700万円)に81.1%下方修正し、減益率が22.0%減→85.3%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の6億円→3200万円(前年同期は7億7400万円)に94.7%減額し、減益率が22.5%減→95.9%減に拡大する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成30年3月期における連結業績につきましては、スポーツ事業において、カーボンシャフトが新規OEM供給先顧客からの受注増に伴い好調であったものの、電子機器事業において、遊技機に対する射幸性抑制に向けた各種規則の改正等による遊技場事業者の業績低迷を受けた設備投資案件の減少等により、当社の主力事業であるOEM製品の売上及び利益が共に大幅に減少いたしました。 »続く

日経平均