市場ニュース

戻る
2016年06月10日15時30分

【決算】サムコ、今期経常を30%下方修正

サムコ 【日足】
多機能チャートへ
サムコ 【日中足】

 サムコ <6387> が6月10日大引け後(15:30)に決算を発表。16年7月期第3四半期累計(15年8月-16年4月)の経常利益(非連結)は前年同期比42.1%増の4億3900万円に拡大した。
 しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の7億9000万円→5億5000万円(前期は8億2800万円)に30.4%下方修正し、減益率が4.6%減→33.6%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した2-7月期(下期)の経常利益も従来予想の3億6900万円→1億2900万円(前年同期は6億7600万円)に65.0%減額し、減益率が45.4%減→80.9%減に拡大する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である2-4月期(3Q)の経常利益は前年同期比88.5%減の1800万円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の12.7%→9.8%に低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
   当第3四半期累計期間は、スマートフォン向け電子部品分野の高周波フィルター用途での販売が拡大しましたが、スマートフォン市場の設備投資需要の減速、及び新たな投資の遅れにより、足元の設備需要は踊り場の状況にあります。また、中国経済の減速や世界的な原油価格下落の影響を受け市場環境が悪化したことで、アジア、北米、欧州での海外受注は期初計画に至っておりません。  »続く

【関連記事・情報】

日経平均