銘柄ニュース

戻る

26日の日本国債市場概況:債券先物は152円95銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2019年6月限
寄付153円14銭 高値153円14銭 安値152円95銭 引け152円95銭
売買高総計31634枚

2年 398回 -0.170%
5年 138回 -0.180%
10年 353回 -0.070%
20年 167回 0.360%

債券先物6月限は、153円14銭で取引を開始。前日の大幅安の反動やNYダウの下げ止まりを好感して日経平均株価が上昇したことや、財務省が実施した40年債入札が低調な結果になったことで売りが優勢になり、152円95銭まで下落した。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は2.29%、10年債は2.44%、30年債は2.89%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.03%、英国債は0.99%、オーストラリア10年債は1.82%、NZ10年債は1.85%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・19:30 エバンス米シカゴ連銀総裁質疑応答(香港)
・21:30 米・2月住宅着工件数(予想:121.0万戸、1月:123.0万戸)
・21:30 米・2月住宅建設許可件数(予想:130.5万戸、1月:131.7万戸)
・22:00 米・1月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.4%、12月:+0.3%)
・22:00 米・1月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数(前年比予想:+3.80%、12月:+4.18%)
・23:00 米・3月消費者信頼感指数(予想:132.5、2月:131.4)
・23:00 米・3月リッチモンド連銀製造業景況指数(予想:10、2月:16)
・02:00 米財務省2年債入札(400億ドル)
・04:05 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁が討論会参加(インフレ関連)

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均