9984 ソフトバンクグループ 東証1 15:00
6,880円
前日比
+6 (+0.09%)
比較される銘柄: NTTドコモKDDIヤフー
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.27 0.64 2.79

銘柄ニュース

戻る
2015年09月11日10時44分

ソフトバンクグループが続落、アナリストはスプリントの再建が課題と

 ソフトバンクグループ<9984>が続落、本日は週末要因もあって値がさ株に利益確定売りが目立つ。株価は前日比192円安の6363円まで売り込まれる場面もあった、前日にくらべやや下落率が大きくなった。
 大和証券からリリースされたアナリストレポートでは、ソフトバンクのレーティング「3」を継続、目標株価8360円も堅持するとした。市場関係者はソフトバンクの株価が重たいのは米スプリント社の経営再建が重しになっているというのが一般的な見方だ。アナリストも同様に「スプリントの再建に目途がつけばソフトバンクに対するリスクオフが解除されて」と解説している。
 今回の注目点としては、「スプリントが大底を脱し始めた」とポジティブな印象を与える内容のレポートになっていること、そしてソフトバンク経営陣はスプリント再建に自信を持っていることがポジティブな材料といえよう。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均