9843 ニトリホールディングス 東証1 15:00
11,600円
前日比
-130 (-1.11%)
比較される銘柄: ファストリ島忠良品計画
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.0 3.77 0.60 3.27
決算発表予定日  2016/12/22

銘柄ニュース

戻る
2016年07月04日07時25分

前日に動いた銘柄 part1:ニトリ、出光興産、タカタなど


銘柄名<コード>⇒7月1日終値⇒前日比


ソフトブレーン<4779> 428 +80
営業支援システムに名刺OCR機能を拡充と。

ワイエイシイ<6298> 1331 +95
有機EL製造装置関連の一角として関心続く。

大日住薬<4506> 1878 +111
目立った材料ないが買い戻しなど需給要因か。

JDI<6740> 160 -5
自律反発一巡感で短期資金の換金売り優勢か。

Uアローズ<7606> 2889 -81
アダストリアの株価下落も警戒視か。

キャリアリンク<6070> 894 +112
第1四半期の大幅増益決算を好感。

津田駒工業<6217> 113 +13
今期2度目の上半期業績上方修正で。

ハーツユナイテッド<3676> 3190 +354
下値の堅さも意識でリバウンド期待高まるか。

エスケイジャパン<7608> 319 +39
30日から急動意で短期資金の関心が向かう。

ニトリHLDG<9843> 13320 +980
想定以上の好決算受けて目標株価引き上げの動きなど相次ぐ。

イーレックス<9517> 2269 +184
30日にはニフティとの業務委託契約が伝わる。

TOWA<6315> 949 +53
半導体製造装置関連には見直しの動き優勢に。

IBJ<6071> 630 +44
権利落ち後は買戻しが優勢か。

東亜合成<4045> 988 +50
買戻しなど需給要因が主体と見られるが。

アイスタイル<3660> 769 +40
権利落ち後はショートカバーが優勢か。

ソースネクスト<4344> 476 +21
ソフトフロントとの提携を材料視も。

山一電機<6941> 657 +50
引き続き自社株買いなどによる需給妙味で。

タカラバイオ<4974> 1437 +81
ゲノム編集関連などとして関心も。

GMOPG<3769> 6170 +370
業界最大手のプリベイドカード企業に出資と。

共立メンテ<9616> 7150 +340
突っ込み警戒感から自律反発の動き継続。

ダブル・スコープ<6619> 2141 -256
引き続き中国企業の台頭による競争激化懸念で。

アダストリア<2685> 3725 -315
順調な決算発表も出尽し感が優勢に。

クスリのアオキ<3398> 6160 -490
今期の収益鈍化見通しなどが嫌気される。

出光興産<5019> 2091 -121
SMBC日興証券では投資判断を格下げしている。

タカタ<7312> 371 -24
米当局では新たなリコール警告とも。

PCデポ<7618> 1466 -66
特段の材料もない中で30日に急騰の反動。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均