9831 ヤマダ電機 東証1 15:00
634円
前日比
+2 (+0.32%)
比較される銘柄: エディオンビックカメラベスト電
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.0 0.94 2.52 0.31

銘柄ニュース

戻る
2016年06月27日11時27分

ヤマダ電機、米系大手証券は成熟した家電業界でも粗利率の改善傾向は続くと指摘

 ヤマダ電機<9831>が反発。買い気配で始まり、その後も上げ幅を拡大。現在は今日の高値圏で推移している。

 ゴールドマン・サックス証券では、白物強化による品揃え改革や競争環境の緩和により、成熟した家電業界でも粗利率の改善傾向は続くと指摘。月次の開示がなくなったことや在庫増加などからの株価調整は行き過ぎと考え、レーティングを「中立」から「買い」に、目標株価を590円から620円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均