9787 イオンディライト 東証1 15:00
3,155円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: セコムリログループビケンテクノ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.6 1.94 1.74 2.06

銘柄ニュース

戻る
2015年10月16日09時11分

イオンディライト---中国では内需シフトで強みを発揮できる新たな局面に


イオンディライト<9787>は、企業の経営管理整備をワンストップでサポート。豊富なビル・施設管理ノウハウを活かしてライフサイクルコストの最小化を実現する「総合FMS(ファシリティマネジメントサービス)」を構築。設備管理、清掃、警備から資材調達や自動販売機管理、マンション管理、家事代行、さらには省エネプランの提案まで、300を超えるサービスメニューを用意。

スタッフが常駐しているショッピングセンターおよび支社・事業所の数は日本全国で600箇所以上。24時間体制で契約業務の進捗を管理するほか、設備修理の依頼や問い合わせに対応している。

足元の業績では、2016年2月期第2四半期(15年3-8月)決算は、売上高が前年同期比6.5%増の1427.83億円、営業利益が同5.4%増の81.21億円、経常利益が同5.4%増の81.39億円、四半期純利益が同6.9%増の46.82億円だった。大型商業施設の活性化工事や大型物件の受託が増加。また、中国では経済構造が「輸出・製造」から「内需・サービス」へとシフトしていく中、これまで以上にサービスの質が問われることとなり、同社の強みをより発揮できる新たな局面を迎えている。

16年2月期通期については、売上高が前期比5.0%増の2800億円、営業利益が同7.2%増の170億円、経常利益が同6.6%増の170億円、純利益が同7.7%増の94億円を見込んでいる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均