9722 藤田観光 東証1 15:00
327円
前日比
-1 (-0.30%)
比較される銘柄: 帝ホテルリゾートトラロイヤルホ
業績: 今期予想
サービス業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
78.4 1.70 1.22 15.34

銘柄ニュース

戻る
2016年01月29日09時14分

藤田観がカイ気配スタート、宿泊部門で客室利用単価上昇し15年12月期は計画上振れ着地

 藤田観光<9722>がカイ気配スタート。28日の取引終了後、集計中の15年12月期連結業績について、売上高が従来予想の638億円から639億円(前の期比0.5%減)へ、営業損益が3億円の赤字から収支均衡(前期13億6500万円の黒字)へ上振れて着地したと発表したており、これを好感した買いが入っている。

 ワシントンホテルとホテルグレイスリーを展開するWHG事業を中心に宿泊部門の客室利用単価が上昇したことなどが要因。また、箱根大涌谷の噴火警戒レベルが昨年11月20日に平常時のレベルに下がり、リゾート事業の箱根ホテル小涌園の業績が回復してきたことなども寄与したという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均