9702 アイ・エス・ビー 東証1 15:00
898円
前日比
-6 (-0.66%)
比較される銘柄: sMedioユビキタコア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.4 0.84 2.78 40.84

銘柄ニュース

戻る
2015年09月30日16時08分

アイ・エス・ビー Research Memo(5):L-Shareは今期から販売に弾み、有効性で高い評価


■アイ・エス・ビー<9702>の新事業の紹介

(3) L-Share(エル・シェア)

医療現場ではCT、MRI、内視鏡など様々な機器で画像が撮影され、診断・治療に活用されている。これらの画像を伝送・共有するための規格としてDICOMがあるが、実際の医療現場においてはDICOM規格準拠であっても画像閲覧ソフトが異なるためにスムーズな画像のやり取りができないようなケースが頻発している。L-Shareは異なる医療機器メーカーの画像データを共通化し、いつでもどこでも容易かつスムーズな画像確認を可能にする医療ITソリューションシステムである。

L-Shareは今期から販売に弾みがついてきている模様だ。納入事例の1つとして、兵庫県災害医療センターにL-Share pPACS、L-Share Viewer、L-Share TimeServerなどから成るシステムを「広域医療搬送拠点用X線撮影装置」の付属機器として納入したことがある。また別の事例としては、名古屋市の(株)トーメーコーポレーションに対し、「マルチプラットフォーム向けL-Shareライブラリ」を納入したことが挙げられる。画像の伝送・保存・共有におけるL-Shareの有効性は高く評価されており、今後も納入事例が増加していくと期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均