9616 共立メンテナンス 東証1 15:00
6,720円
前日比
+70 (+1.05%)
比較される銘柄: ロイヤルホ帝ホテル東祥
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.8 2.12 0.77 1.45

銘柄ニュース

戻る
2015年09月07日07時44分

共立メンテナンス---大幅な増収増益に向けて好スタート、インバウンドが寄与


共立メンテナンス<9616>は、学生寮・社員寮・ワンルームマンションなど寮事業が主力。近年、ホテル事業(ドーミーイン、リゾートホテル)が成長を牽引。シニア向け住宅、地方自治体向けアウトソーシングなども手掛ける。

2016年3月期は売上高で前期比10.4%増の1,217.0億円、経常利益で同2.4%増の78.5億円が見込まれている。第1四半期は売上高が前年同期比12.7%増の287.44億円、経常利益が同78.4%増の16.3億円と好調なスタート。主力セグメントは総じて堅調だが、特にドーミーイン事業においてはインバウンド需要を背景に、大幅な増益を達成した。

2018年3月期は売上高で1,500億円、営業利益で110億円、経常利益で100億円が目標。寮で4,930室、ドーミーインで2,794室、リゾートホテルで641室の開発を行い、併せて客室単価の向上も目指す方針。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均