9613 NTTデータ 東証1 11:22
5,470円
前日比
-120 (-2.15%)
比較される銘柄: 野村総研伊藤忠テクノユニシス
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.3 2.18 1.28 1.03

銘柄ニュース

戻る
2016年03月14日14時21分

国内大手証券は日経平均1万8000円への戻りを想定、4~5月からの株価回復を期待

 野村証券の日本株投資戦略では、「製造業景気の悪化が非製造業景気に波及する」という米景気悲観論は後退したと指摘。米国株は年初からの下落のかなりの部分を取り戻したものの日本株は大きく出遅れ、15年10月も米国株が上昇する過程で日米PER較差は縮小の方向に進んでいるため、当面の日経平均ももう一段のボラティリティ低下とともに1万8000円程度へ戻ると想定。業績モメンタムの最悪期は、16年度第1四半期と考え、ファンダメンタルズからは4~5月からの株価回復が期待できると解説。

 参考ポートフォリオにはディスコ<6146>を新規組み入れ、NTTデータ<9613>を削除している。
《MK》

株探ニュース



日経平均