9107 川崎汽船 東証1 15:00
274円
前日比
+3 (+1.11%)
比較される銘柄: 郵船商船三井飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.91 0.91

銘柄ニュース

戻る
2016年09月12日11時34分

川崎汽など海運株は下落、韓進海運の破綻による市況上昇は一時的との見方

 川崎汽船<9107>など海運株は下落。韓国の海運最大手、韓進海運の経営破綻に海運市況の改善期待などを背景にして株価は堅調に推移していたが、高値警戒感が強まっている。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は9日、川崎汽のレーティングを「ニュートラル」から「アンダーウエート」に引き下げた。目標株価は210円としている。足もとで韓進海運の経営破綻に起因してコンテナ運賃が急上昇しているが、「一時的な現象に終わる」と同証券では予想。「今期初時点からファンダメンタルズは悪化しているにもかかわらず株価は上昇し、割高感が高まった」とみている。商船三井<9104>のレーティングはニュートラルで目標株価は250円(従来220円)としている。日本郵船<9101>はLNG船や完成車輸送の長期安定利益が今後緩やかに回復することなどを見込みレーティングは「オーバーウエート」で目標株価は260円(同240円)としている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均