9107 川崎汽船 東証1 15:00
2,850円
前日比
-33 (-1.14%)
比較される銘柄: 郵船商船三井飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.3 1.15 2.15

銘柄ニュース

戻る
2015年09月14日11時40分

川崎汽---買い優勢、原油安や投資判断格上げなどで


川崎汽<9107>は買い優勢。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も260円から355円に引き上げている。大手3社の中では、市況回復が期待できるアジア発北米向け航路の事業規模が最大であり、逆に改善期待が低いアジア発欧州向け航路の事業規模が比較的小さいため、今後最も収益改善の恩恵を被る可能性が高いと指摘しているようだ。なお、先週末の原油市況の下落もあり、海運大手各社は揃って買い先行。
《SY》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均