9104 商船三井 東証1 15:00
315円
前日比
+13 (+4.30%)
比較される銘柄: 郵船川崎汽飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
53.8 0.75 1.27 0.50

銘柄ニュース

戻る
2015年08月20日14時42分

国内大手証券は海運セクターを買い推奨、投資優先順位は川崎汽船が最上位

 国内大手証券の海運セクターのリポートでは、「コンテナ船の運賃は改善局面にある」と指摘。8月13日にコンテナ船最大手のAPモラー・マースクが所属するアライアンス「M2」が欧州航路の供給削減を発表、4大アライアンスの供給削減が出そろったこと受け、「欧州航路の供給の伸びは9月以降、前年並み、ドライバルク市況は底打ちして、タンカー市況は好調」と解説。
 円安・燃料安で業績が堅調ななか、「コンテナ船の運賃が回復すれば、再評価が進む」とみて、海運大手3社の買い推奨を継続。投資優先順位は、川崎汽船<9107>、日本郵船<9101>、商船三井<9104>の順に設定している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均