9101 日本郵船 東証1 15:00
248円
前日比
+5 (+2.06%)
比較される銘柄: 商船三井川崎汽飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.84 2.03

銘柄ニュース

戻る
2016年02月12日13時21分

郵船、商船三井が12年12月以来の200円台割れ、バルチック指数の低迷際立つ

 日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など海運株の下げがきつい。郵船、商船三井はいずれも2012年12月以来3年2カ月ぶりの200円台割れとなった。

 中国をはじめとする新興国経済の減速が意識される中でばら積み船市況の低迷が際立っており、株価も見切り売りが続いている。鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数は今年に入り前日比プラスだった日がまだ一度もない状況。同指数は1985年の指数創設時に1000をスタート地点としているだけに、300を下回る水準で推移している現状をネガティブ視する動きが強い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均