8935 エフ・ジェー・ネクスト 東証1 15:00
712円
前日比
-4 (-0.56%)
比較される銘柄: シノケンGエイシアンSスターマイカ
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.0 0.70 2.25 3.98

銘柄ニュース

戻る
2016年08月16日07時45分

エフ・ジェー・ネクスト---第1四半期は大幅増収増益で着地


 

エフ・ジェー・ネクスト<8935>は8月1日に2017年3月期第1四半期(2016年4~6月期)決算を発表。売上高が前年同期比46.7%増の149.05億円、営業利益が同50.9%増の17.64億円、経常利益が同56.6%増の18.24億円、四半期純利益が同55.7%増の11.83億円で着地した。

資産運用型分譲マンション市場は賃貸需要、購入需要ともに堅調。こうした中、同社は首都圏において資産運用型マンションの自社ブランド「ガーラマンションシリーズ」とファミリー向け自社ブランド「ガーラ・レジデンスシリーズ」を積極的に展開した。中古マンションも212戸(前年同期は130戸)販売した結果、ワンルームマンションの販売戸数が520戸(同324個)、ファミリーマンションの販売が28戸(同9戸)に拡大した。不動産管理事業は管理物件の増加で堅調。建設事業も外部受注の増加などで大きく伸びた。

2017年3月期通期の業績予想は期初公表値を据え置いた。2017年3月期通期では売上高が前期比3.9%増の540.00億円、営業利益が同19.6%減の53.00億円、経常利益が同19.9%減の53.00億円、当期純利益が同18.1%減の34.00億円を見込む。なお、上期の計画に対する第1四半期の進捗率は、売上高55.2%、営業利益65.3%と良好。通期計画の達成に向けて業積は順調に推移していると考えられる。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均