8905 イオンモール 東証1 15:00
1,682円
前日比
+25 (+1.51%)
比較される銘柄: 三井不東建物NTT都市
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.2 1.20 1.61 0.63

銘柄ニュース

戻る
2016年07月05日19時54分

★本日の【イチオシ決算】 トーセイ、ハニーズ、トモニHD (7月5日)


1)本日(7月5日)引け後に発表された決算・業績修正

 ● イチオシ決算

【トーセイ <8923> 】 ★今期税引き前を9期ぶり最高益に23%上方修正、配当も4円増額
 ◆16年11月期の連結税引き前利益を従来予想の65億円→80.2億円に23.3%上方修正。増益率が7.7%増→32.9%増に拡大し、9期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。一棟販売物件の売却時期見直しで売上は計画を下回るものの、上期に販売した収益商業ビルなどの売却益が想定より膨らんだことが利益を押し上げる。
  業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の18円→22円(前期は16円)に増額修正。配当利回りは2.87%に上昇した。

 ● サプライズな決算発表・業績修正

 エスプール <2471> [JQ]  ★上期経常は8.9倍増益で上振れ着地
 ◆16年11月期上期(15年12月-16年5月)の連結経常利益は前年同期比8.9倍の2億4000万円に急拡大し、従来予想の5500万円を上回って着地。企業の人手不足感が強まる中、人材ソリューション事業でコールセンター業務や店頭支援業務の受注が伸びたことが寄与。ビジネスソリューション事業で高付加価値化や業務効率化に取り組んだことも利益上振れに貢献した。

 ハニーズ <2792>   ★今期経常は2.9倍増益へ
 ◆16年5月期の連結経常利益は前の期比74.0%減の11.4億円に落ち込んだものの、続く17年5月期は前期比2.9倍の33億円にV字回復する見通しとなった。今期は国内と中国で75店を新規出店する一方、90店の不採算店舗閉鎖を計画する。ミャンマー工場の生産性向上なども利益回復に貢献する。

 トモニHD <8600>   ★今期最終を一転2.8倍増益に上方修正
 ◆17年3月期の連結最終利益を従来予想の74億円→222億円に3.0倍上方修正。従来の6.7%減益予想から一転して2.8倍増益見通しとなった。大正銀行を株式交換で子会社化したことに伴い、負ののれん発生益148億円を計上することが主因。

2)7月6日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■引け後発表(予定)
  ◆本決算:
   <7630> 壱番屋
  ◆第1四半期決算:
   <2653> イオン九州 [JQ]
   <2670> ABCマート     ★
   <2686> ジーフット
   <2687> CVSベイ
   <3141> ウエルシア
   <3171> MV九州 [JQ]
   <4343> イオンファン
   <4745> 東京個別
   <7465> MV北海道 [JQ]
   <7512> イオン北海道
   <8267> イオン        ★
   <8287> MV西日本 [東2]
   <8905> イオンモール
   <9787> イオンディラ
   <9974> ベルク
  ◆第2四半期決算:
   <2734> サーラ
   <6474> 不二越
  ◆第3四半期決算:
   <6289> 技研製 [東2]
   <7818> トランザク
   <9414> BS11
  合計 21社


 ※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

日経平均