8604 野村ホールディングス 東証1 15:00
709.2円
前日比
+13.3 (+1.91%)
比較される銘柄: 大和三菱UFJ三井住友FG
業績: -
証券・商品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.95 1.06

銘柄ニュース

戻る
2015年09月25日14時32分

証券株が高い、後場買い優勢への地合い変化映す、配当駆け込み狙いも

 後場に入り全体相場が買い優勢の地合いとなるなか、歩調を合わせるように野村ホールディングス<8604>、大和証券グループ本社<8601>などをはじめ証券株が上値指向を強めている。株式市場は世界景気の減速懸念や独フォルクスワーゲン問題など弱気材料が目立っていたが、前日までの2営業日で日経平均株価は4.7%の大幅な調整を入れており、目先は突っ込み警戒感から空売り筋の手仕舞い買い戻しを誘発している。そのなか、証券株は国内外投資家や個人投資家の市場回帰に伴う手数料収入の拡大思惑や投信など運用成績の回復に期待した動きが反映されている。また、きょうは9月中間期配当など株主還元の権利取り最終日にあたるが、証券セクターは中堅証券中心に年間配当利回りで4%を超える銘柄も多く、駆け込みでインカムゲインを確保する動きも株高を後押ししているようだ。

野村の株価は14時22分現在728.1円(△18.4円)
大和証Gの株価は14時22分現在799.9円(△17.8円)
松井証株価は14時22分現在1056円(△19円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年09月25日 14時40分

【関連記事・情報】

日経平均