8316 三井住友FG 東証1 15:00
4,730円
前日比
+86 (+1.85%)
比較される銘柄: ゆうちょ銀三菱UFJみずほFG
業績: 今期予想
銀行業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.2 0.72 3.17 0.91

銘柄ニュース

戻る
2016年07月27日09時10分

三菱UFJなどメガバンクの上値重い、マイナス金利の深堀りを警戒

 全体相場が反騰態勢を強めるなか、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>など内需の中軸であるメガバンクは上値の重さが目立つ。

 29日までの日程で行われる日銀の金融政策決定会合で、追加緩和期待が膨らんでいるが、そのなかで国債やETFの買い入れ枠拡大などの量的緩和に加え、銀行収益に逆風となるマイナス金利幅の拡大のカードが切られる可能性もあり、これを警戒するかたちで買いが手控えられている。

 27日付の日本経済新聞では、三菱UFJなど3メガバンクの16年4~6月期決算は、日銀が2月に導入したマイナス金利政策の影響で融資業務が落ち込み、最終利益が前年同期比3割程度の減益となったもよう、と報じており、投資家の不安心理を助長しているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均