8303 新生銀行 東証1 15:00
206円
前日比
+8 (+4.04%)
比較される銘柄: 三菱UFJ三井住友FGみずほFG
業績: -
銀行業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.68 0.49 1.33

銘柄ニュース

戻る
2016年02月19日13時43分

新生銀行が異彩高、国内大手証券が「中立」でカバー開始、目標株価は150円

 新生銀行<8303>が異彩高。市場では、日銀が早い時期にマイナス金利の拡大を実施する可能性があるとの見方が広がっており、メガバンクや地銀株に買いが入りにくい地合いが継続している。今日も銀行株が軒並み安となる中、新生銀行が買われて上げ幅を拡大する動きとなっている。

 大和証券が新生銀行について新規に株式レーティング「3」(中立)を付与してカバレッジを開始し、目標株価を150円に設定したことが買い手掛かり材料視されているようだ。リポートでは、同行は特に、「新生銀行カードローン レイク」のブランドで銀行本体が手掛ける消費者金融ビジネスが順調な拡大を続けており注目されると紹介。専門性の観点から強みを有すストラクチャードファイナンス(不動産、プロジェクトファイナンス等)とも並び、今後の収益の牽引役として期待は大きいとの見解を示している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均