8293 ATグループ 名証2
  ※名証の株価は現在、提供しておりません
比較される銘柄: VTHDケーユーHD日産東HD
業績: 今期予想
小売業
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率

銘柄ニュース

戻る
2016年02月29日16時14分

ネクステージ Research Memo(9):中古車販売会社でトップに立つ可能性


■国内中古車販売市場の動向

○自動車販売関連の上場会社
自動車販売関連の上場企業は18社ある。内訳は、新車ディーラーが6社、買取専門が6社、中古車販売が2社、その他オートオークション、輸入車ディーラー、中古車輸出、レンタカーなどである。これらの中で、過去3年間のCAGRを比べると、売上高でネクステージ<3186>が30.6%と際立って高い。経常利益の年平均伸び率も15.3%とトラスト<3347>に次ぐ。トラストは、国内外のM&Aにより、事業規模が急拡大し、祖業の中古車輸出の売上高構成比は43.1%に低下した。

○中古車販売の競合
同社以外で中古車販売を主要業務とする上場企業は、ケーユーホールディングス<9856>(東証1部)1社※である。東京都町田市に本社を構えるケーユーホールディングスは、設立が1972年10月、上場が1989年12月と古く、輸入車の販売を得意としている。

※中古車販売事業を営むハナテン(大阪府大阪市)は、非上場の親会社(株)ビッグモーターによるTOB(株式公開買付け)により、2016年1月21日をもって上場廃止となった。

同社は社歴が短いものの、売上高が急成長しており、ケーユーホールディングスを追い越してトップに立つ勢いだ。今期売上高は、同社が2016年11月期に77,000百万円(前期比22.0%増)、ケーユーホールディングスが2016年3月期に67,000百万円(同5.3%増)を予想している。

収益力では、未だ大きな隔たりがある。今期予想営業利益は、ケーユーホールディングスが3,550百万円(前期比8.1%減)、同社が1,654百万円(同30.3%増)となっている。売上高営業利益率は、ケーユーホールディングスが5.3%、同社が2.1%と差がある。ケーユーホールディングスは、2015年3月期において売上高の6割近くを輸入車ディーラー事業が稼ぎ、同事業の売上高セグメント利益率5.7%と高かった。ただし、国産車販売事業でも5.1%の利益率を上げた。

○業界の垣根を越えた競争
上場新車ディーラーの2015年3月期売上高は、トヨタ自動車<7203>系のATグループ<8293>が362,456百万円、日産自動車<7201>系の日産東京販売ホールディングス<8291>が144,204百万円、日産及びホンダ<7267>車を扱うVTホールディングス<7593>が136,376百万円と年商が1千億円を超える。中古車買取業界の雄であるガリバーインターナショナル<7599>の2015年2月期の売上高は155,681百万円と大きい。このようなメガプレーヤーは、中古車販売業界には存在していない。新車ディーラーにとって、中古車販売は新車ディーラー業務の付随的な位置付けでしかない。中古車買取を主体に事業を展開してきたガリバーインターナショナルは、本業の競争激化と頭打ち感が出てきたことから、中古車販売に本格的に乗り出し、台風の目になっている。

ガリバーインターナショナルが公表している中期経営計画によると、店舗数を2014年2月期末の417店(内訳は、加盟店が113店舗、直営店が304店舗)を2018年2月期末に800店(加盟店126店、直営店674店)に拡大する。2014年2月期の直営店は、買取りを行うガリバー店が274店、展示販売店舗が30店になる。今後増えるのは展示販売店になる。大量出店するために、複数タイプの販売店舗を展開している。また、店長育成など人材教育にも注力する。2018年2月期までの3ヶ年における直営店の純増数は320店舗(1年目100店増、2年目110店増、3年目110店増)と非常に野心的で、実際の業務遂行が注目される。

中期経営計画で、ガリバーインターナショナルが中古車販売を成長の原動力と位置付けている。買取台数は、2014年2月期の159,316台から2016年2月期の予想170,000台へ2年間で6.7%の伸びしか見込んでいないが、小売台数は50,386台から79,000台へと56.8%増加する。同期間に卸売台数は128,383台から101,000台へと21.3%減少する。卸売から小売へのシフトが明白だ。小売台数は、2017年2月期に12万台、2018年2月期には15万台へと大幅に増やす計画でいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均