8137 サンワテクノス 東証1 13:37
962円
前日比
+3 (+0.31%)
比較される銘柄: Tアルファエクセル東エレデバ
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.1 0.62 2.91 18.67

銘柄ニュース

戻る
2016年02月02日07時39分

サンワテクノス---第3四半期は減収減益、中国など新興国経済の減速響く


サンワテクノス<8137>が1月29日に発表した2016年3月期第3四半期(15年4-12月)決算は、売上高が前年同期比0.6%減の772.11億円、営業利益が同28.6%減の16.03億円、経常利益が同26.3%減の18.29億円、四半期純利益が同28.4%減の11.57億円だった。

部門別業績では、主力の電子部門の売上高が前年同期比1.1%増の574.07億円となった。産業機械業界向け及び自動車関連業界向けの電子部品の販売が増加した。また機械部門は、自動車業向けの生産設備の販売及び住宅設備業界向けの実装機の販売が増加し、売上高は同7.7%増の58.15億円となった。一方電機部門は、産業機械業界向けのサーボモータの販売及び太陽光発電システム向けの制御機器の販売が減少し、売上高は同9.9%減の139.88億円となった。

16年3月期の通期見通しについては、中国をはじめとする新興国経済の減速の影響で、業績が想定を下回って推移していることから下方修正を行っている。売上高を前期比3.8%減の1070.00億円(従来予想1120.00億円)、営業利益を同33.8%減の23.00億円(同28.00億円)、経常利益を同30.9%減の26.00億円(同30.00億円)、純利益を同33.1%減の16.50億円(同20.00億円)とした。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均