8133 伊藤忠エネクス 東証1 15:00
882円
前日比
-1 (-0.11%)
比較される銘柄: ミツウロコGシナネンHD岩谷産
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.0 0.97 3.06 1.19

銘柄ニュース

戻る
2016年06月17日17時51分

エネクス Research Memo(8):17/3期は減収増益の見通し


■2017年3月期業績見通し

2017年3月期について伊藤忠エネクス<8133>は、売上高1,060,000百万円(前期比1.1%減)、営業利益17,500百万円(同6.8%増)、税引前利益17,000百万円(同13.3%増)、当期純利益10,000百万円(同33.9%増)を予想している。

売上高については、原油価格の前提が2016年3月期末の水準を前提としていることを反映して、前期比ほぼ横ばいという想定が基本形となっている。その中で、販売電力量の大幅増加を見込む電力・ユーティリティ部門が大幅増収となる一方、エネルギーイノベーション部門が非効率取引の見直しなどで減収が見込まれており、全体では前期並みという構図だ。原油市況の下落が続いているためわかりにくくなっているが、同社はここ数年、売上高を水膨れさせるだけのような取引については急速に絞り込んできている。弊社ではこの動きは今期も続く可能性があるとみており、全社ベースの売り上げ動向は参考値程度にとどめておけばよいと考えている。

同社の収益状況の分析は、事業セグメント別に見ていく必要がある。その詳細は前述のとおりだ。全社営業利益予想の17,500百万円について、弊社では控えめ過ぎるのではないかと考えている。前述のように、特にホームライフ部門において原油価格上昇時の在庫影響額のプラス貢献が織り込まれていないためだ。他の部門における下振れリスクへの緩衝材としての役割を期待してのこととも推察されるが、今期の注目ポイントの1つであると考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均