8113 ユニ・チャーム 東証1 15:00
2,429.0円
前日比
+5.5 (+0.23%)
比較される銘柄: 花王資生堂三菱ケミHD
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
34.2 4.08 0.66 0.99

銘柄ニュース

戻る
2016年09月02日12時23分

ユニ・チャームは再び「勝利の方程式」に沿った業績拡大へ、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

SMBC日興証券は、ユニ・チャーム<8113>の目標株価変更を発表しています。

SMBC日興証券によれば、同社は『中国市場におけるプレミアム製品とEコマースの需要の急拡大や、インドネシアルピア安に伴うインドネシア事業の原価高などの悪影響から業績は立ち直り始めて』いるとのこと。サニタリー需要には『経済成長のあらゆる段階で連鎖的に需要を獲得できる「勝利の方程式」』があり、同社はそれに沿って業績が中長期的に拡大する可能性が高いと予想しています。

一方で、『競合激化によって海外事業の営業利益率が弊社予想から半分の水準へ低下するリスクシナリオ』も想定されるとのことで、『現在の株価はこのリスクシナリオに近い形成になっている』と分析。

しかしSMBC日興証券では『競合の少ない未進出エリアへの事業拡大と、ベビーケアよりも高機能化による高単価化が進みやすいヘルスケアへの需要シフトという構造を考えると、将来的に同社の収益性が低下する可能性は低い』と予想。同社の『目標株価を3,700円から4,210円へ14%引き上げる』としています。

よろしければ9/2の「Opening Bell」を見てみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均