8111 ゴールドウイン 東証1 15:00
5,020円
前日比
-40 (-0.79%)
比較される銘柄: デサントミズノアシックス
業績: 今期予想
繊維製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.2 2.07 1.10 2.72

銘柄ニュース

戻る
2016年06月10日22時29分

リオデジャネイロ五輪開幕に向けスポーツ関連銘柄を再点検=向後はるみ


2016年8月5日から、ブラジル・リオデジャネイロで開催される第31回オリンピック競技大会(期間:8月5日~8月21日の17日間)。5月26日には、JOC・JPCゴールドパートナーであるアシックス<7936>から、日本代表が着用する公式ウェアの発表がありましたね。

2020年の東京五輪を控え、今回は、スポーツ関連銘柄の中でもスポーツメーカーに的を絞り、足元業績とともにチェックしてみました。

アシックス <7936>
ランニングに強み。アシックスや海外でも人気のオニツカタイガーブランドを手掛ける。
16年12月期通期連結業績は、売上高は4370億円(前期比、2.0%増)、営業利益は290億円(同、5.7%増)、経常利益は270億円(同、19.8%増)、当期純利益は185億円(同、80.7%増)と増収・増益の見込み。

ヨネックス<7906>
バドミントン、テニス、ゴルフが主力のスポーツメーカー。中国のバドミントン人気に続き、インドに子会社を設立。17年3月期通期連結業績は、売上高は595億円(前期比、9.9%増)、営業利益は37億円(同、12.8%増)、経常利益は37.2億円(同、25.5%増)、当期純利益は25億円(同、12.2%増)と増収・2桁増益を見込む。

ミズノ<8022>
アシックスと並ぶ、スポーツ用品総合メーカー国内2強。海外売上比率は3割程度。
17年3月期通期連結業績は、売上高は2000億円(前期比、2.0%増)、営業利益は55億円(同、85.1%増)、経常利益は55億円(同、98%増)、当期純利益は35億円(同、67.8%増)と増収・大幅増益の見込み。

デサント<8114>
自社ブランド「デサント」や、ルコック・マンシング等のライセンス事業展開するスポーツウエア大手。17年3月期通期連結業績は、売上高は1380億円(前期比、1.6%増)、営業利益は104億円(同、0.2%増)、経常利益は105億円(同、5.0%減)、当期純利益は75億円(同、4.7%減)の見込み。

ゴールドウイン<8111>
ザ・ノース・フェイスやエレッセ等を展開するスポーツウエア中堅。スパイバーに出資。
17年3月期通期連結業績は、売上高は495億円(前期比、1.4%減)、営業利益は17億円(同、5.3%増)、経常利益は25.5億円(同、5.8%増)、当期純利益は17億円(同、8.8%減)の見込み。


日々、パソコンやタブレット・スマホなどで目を酷使し、座りっぱなしになることも多くなりますが、私たちも積極的に体を動かし、リフレッシュしてマーケットに臨みたいですね♪



☆毎月、渾身の5銘柄をピックアップする「特選レポート」をリリースしています。
その他マーケット情報などは、ツイッター(@harusmile)をフォローしてチェックしてくださいね。
毎営業日のマーケット各種データは、当方のオフィシャルブログ「はる日和」(harumi-kougo)にて、一口コメントはFBにて配信しています♪


フィスコ
向後はるみ

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均