7606 ユナイテッドアローズ 東証1 15:00
2,987円
前日比
+37 (+1.25%)
比較される銘柄: ファストリ良品計画アダストリア
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.4 2.74 2.61 2.73

銘柄ニュース

戻る
2016年02月03日09時35分

Uアローズが反落、1月既存店売上高10カ月連続プラスも利益確定売り先行

 ユナイテッドアローズ<7606>が続落している。2日の取引終了後に発表した1月度の売上概況(速報)で、小売りとネット通販を合計した既存店売上高が前年同月比1.2%増となり、10カ月連続で前年実績を上回ったが、直近の上昇で2日には昨年来高値を更新するなどしていただけに、利益確定売りが先行しているようだ。

 前年同月と比較して休日が1日多いことにくわえて、セール品を中心にアウターやニット、パンツなどの冬物商品が動いたほか、春物商品ではブルゾンなどの軽アウターやジャケット、ニット、スニーカーなどの動き出しが見られた。なお、全社売上高は同4.9%増だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均