7521 ムサシ JQ 15:00
1,532円
前日比
+22 (+1.46%)
比較される銘柄: 昭光通商星医療中央魚
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.2 0.43 1.96

銘柄ニュース

戻る
2015年11月11日09時20分

ムサシ---選挙システム機材の伸長で第2四半期は大幅増益、通期予想も引き上げ


ムサシ<7521>は10日、第2四半期(2015年4-9月期)決算を発表した。連結業績は、売上高が前年同期比3.2%増の171.09億円、営業利益が同2.5倍の5.26億円、経常利益が同62.0%増の5.90億円、純利益が同51.3%増の3.74億円と大幅増益で着地した。

自社開発商品である選挙システム機材の販売が4月に実施された統一地方選挙向けや各地方選挙向けに伸長したことにより、各利益は従来予想を上回る結果となった。また、情報・産業システム機材分野では、スキャナー等の電子化機器の販売が伸長したほか、文書のデジタル化事業も民間企業からの受注が拡大した。

2016年3月期の通期業績は、衆議院選挙が実施された前期実績には及ばないものの、売上高が前期比4.3%減の356.50億円、営業利益が同28.4%減の10.17億円、経常利益が同33.6%減の11.03億円、当期純利益が同36.9%減の6.92億円を見込んでいる。第2四半期までの業況を踏まえ、従来予想から営業利益を11.9%、経常利益を13.2%、当期純利益を18.7%上方修正している。

同社は、選挙関連機材を扱う企業として知られ、業界でシェアトップ。このほか、文書をデジタル化する業務を請け負うメディアコンバート事業にも取り組み、同事業は民間企業の需要増で拡大が見込まれている。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均