7220 武蔵精密工業 東証1 15:00
3,025円
前日比
+46 (+1.54%)
比較される銘柄: ホンダエフテック日信工業
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.8 1.64 1.72 0.07

銘柄ニュース

戻る
2016年09月01日16時12分

本日の注目個別銘柄:鳥貴族、クラリオン、武蔵精密など


<4819> Dガレージ 1849 +107
大幅続伸。いちよし証券では、フェアバリューを2900円から2500円に引き下げているものの、レーティングは「B」から「A」に格上げしている。今後の業績予想を保守的に見直すが、投資関連事業の収益性に安定感が高まっていること、株価水準の調整が進んでいることを格上げの背景にしている。カカクコムに続く成長牽引役の創出に向けた取り組みへの展開にも期待と。

<3193> 鳥貴族 1827 +51
反発。前日に業績予想の上方修正を発表している。7月期通期営業利益は13.8億円から15.9億円、前期比43%増益に上方修正、店舗売上高の想定以上の好調推移が上振れの背景に。上振れ期待は高かったものの、第3四半期累計では前年同期比35%増であったため、増益率の一段の高まりをポジティブ視。足元で調整がきつかったことから反動も高まる形に。

<7545> 西松屋 1491 +69
大幅続伸。前日に業績予想の上方修正を発表、営業利益は上半期が36.5億円から41.8億円に、通期では75.3億円から85.2億円にそれぞれ引き上げへ。第1四半期決算時に続く上方修正となっている。既存店売上の好調推移や円高による仕入原価の低減などが業績上振れの背景に。SMBC日興証券ではさらなる上振れ余地もあると指摘しているもよう。

<6796> クラリオン 314 +28
大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も240円から370円に引き上げている。競合他社より早く拡大してくるADASの収益貢献が、円高デメリットがある中でも顕在化する可能性が高まったと判断しているもよう。今期営業利益は90億円から105億円に上方修正へ。

<7220> 武蔵精密 2230 +152
大幅続伸。みずほ証券では、足元の事業環境に買収効果を織り込んで業績予想を上方修正、来期以降も、FordやZF、ジヤトコなど主要顧客であるホンダ以外への拡販、買収会社の両輪での成長を予想として、目標株価を2800円に引き上げている。また、買収に伴うファイナンス懸念なども低下してきているもようだ。為替の円安基調が強まっていることも自動車関連株には安心感につながる。

<6619> ダブルスコープ 1681 +66
大幅反発。リチウムイオン電池の正極材を手掛ける田中化研が、住友化学への増資割当でストップ高となっており、同様にリチウムイオン電池の部材を手掛けるメーカーとして連想感なども高まる状況とみられる。また、エコカー減税の車種を絞込みといった報道なども、電気自動車の需要拡大につながるとしてポジティブな影響が期待される形に。

<6586> マキタ 7100 -330
大幅反落。JPモルガンでは投資判断を「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に格下げ、目標株価は7500円から7300円に引き下げている。リチウムイオン電池製品の拡販、原価低減、中国生産比率の高さから享受する元安メリットなどは概ね織り込まれたと判断。過去最高水準のバリュエーションの更なる切り上がりは困難としている。今後は英国のEU離脱による欧州経済への影響などを注視と。

<1605> 国際帝石 875 -23.4
反落。昨晩のNY原油先物相場は前日比3.6%の下落、先週の米在庫増加が予想より大幅だったことが嫌気された。生産が減少した一方、輸入が高水準であったもよう。原油市況は3日続落で、3日間の下落率は6%強となっている。原油市況の動向に最も左右されやすい銘柄であり、先行き懸念が強まる状況に。
《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均