6861 キーエンス 東証1 15:00
72,000円
前日比
-1,230 (-1.68%)
比較される銘柄: 村田製オムロン三菱電
業績: -
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.98 0.28 1.62

銘柄ニュース

戻る
2015年09月30日13時55分

キーエンスが大幅反発、欧州大手は中国FA化の質の高まりでハイエンド分野の市場拡大見込む

 キーエンス<6861>が大幅反発。一時、前日比2330円(4.6%)高の5万3280円まで買われている。UBS証券が目標株価を引き下げているものの、ポジティブな内容のリポートをリリースしている。
 同証券は同社について、「事業環境こそマクロ景気の影響を受けようが、相対的な強みが維持されるという点で大きな認識に今後も違いはない」としたうえで、「今後、中国のFA化は単純な合理化・省力化から質の高まりが予想され、ローエンドボリューム分野が縮小、同社の手掛けるハイエンド分野は市場拡大が見込まれる」としている。目標株価を7万5000円から6万8000円へ引き下げているものの、レーティング「バイ」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均