6841 横河電機 東証1 15:00
2,349円
前日比
+23 (+0.99%)
比較される銘柄: 三菱電パナソニック日立
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
29.2 2.31 1.28 0.52

銘柄ニュース

戻る
2018年05月30日10時20分

横河電機が7日ぶり反発、国内有力証券が投資判断を引き上げ

 横河電機<6841>が7日ぶりに反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が29日付で、投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」とし、目標株価を2300円から2700円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券によると、従来の見方である「課題解決型ストックビジネス強化による業績貢献拡大」はまだ本格的に織り込めないとしながらも、競争力の高いLNG関連での受注回復が業績ドライバーになるとの見方と追加。決算発表後の株価下落に加えて、受注環境の好転に伴う株価バリュエーションの切り上がりが見込まれるとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均