6755 富士通ゼネラル 東証1 15:00
2,139円
前日比
-115 (-5.10%)
比較される銘柄: ダイキン三菱電東芝
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.9 2.63 1.03 0.55

銘柄ニュース

戻る
2015年10月07日08時03分

富士通ゼネラル---米州マルチエアコン新機種投入などで足もと業績は好調


富士通ゼネラル<6755>はエアコンなど空調機事業を展開している。欧州市場のウェイトが高い。防災・消防システムなどの情報通信、車載カメラなどの電子デバイスも扱う。

2016年3月期は売上高で前期比9.2%増の3,000億円、経常利益で同21.0%減の220億円が見込まれている。ただし、第1四半期は売上高で前年同期比25.2%増の689.79億円、経常利益で同31.4%増の80.31億円と好調な推移であり、第2四半期累計の業績予想は為替差益を理由に、経常利益が70億円から90億円へと上方修正された。国内や欧州などが不振であったものの、米州におけるマルチエアコンの新機種を投入による大型機種の販売、中東・アフリカにおけるサウジアラビアの省エネ規制に対応した機種の先行出荷、アジア・オセアニア地域の好調が寄与した。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均