6753 シャープ 東証2 14:40
246円
前日比
+19 (+8.37%)
比較される銘柄: パナソニックソニー東芝
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
4.80 80.78

銘柄ニュース

戻る
2016年07月12日12時42分

国内大手証券、ソニーはVRのプラットフォーマーとしてしっかりと市場を創ることを目指すとみる

 SMBC日興証券の民生用エレクトロニクスセクターのリポートでは、同証券が11日にVR/ロボホン分解セミナーを開催したと紹介。VRは揺籃期にあり、百家争鳴といった状態にあるとしたうえで、販売価格は19~3000米ドルと幅広く、品質にむらがあるほか、現在の主流は高性能パソコンとの接続が必須となっており、スマホと比べてヘッドマウントディスプレー側のデバイスとしての負荷は低水準に抑えられている印象であったと指摘。また、ソニー<6758>はVRのプラットフォーマーとしてしっかりと市場を創ることを目指すとみて、今後の発展にはデバイスに加えコンテンツ充実も重要な要素の一つであり、開発動向にも注目が集まるとの見解を示している。

 同証券ではまた、ロボホンはシャープ<6753>の救世主となるには力不足との印象だが、今後のロボット事業を考える上で、コスト/販売方法/チャネルなど多くの示唆に富むものであったと紹介。この商品自体が利益貢献することは考えにくいものの、鴻海精密工業との協業の象徴として昇華することを期待したいとの見解を示している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均