6752 パナソニック 東証1 15:00
1,279.5円
前日比
+4.0 (+0.31%)
比較される銘柄: ソニーシャープ東芝
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.7 1.86 1.15

銘柄ニュース

戻る
2015年09月04日13時34分

パナソニックが急反落、欧州系証券、評価上昇には「売り上げ成長による利益成長加速が不可欠」と指摘

 パナソニック<6752>が急反落。前日比5円高の1278円で寄り付いたものの、全面安に歩調をあわせる形で下落。後場に入り下げ幅を拡大して推移している。
 欧州有力証券では、「構造改革が終了し、セクター内での業績安定度は随一」としながらも、「利益変化は緩やか」と指摘。「同社の業績成長は巡航速度に入っており、今後バリュエーションへのプレミアム付与は難しい」との見方で、株式市場の評価上昇には、「売り上げ成長による利益成長加速が不可欠」と解説。
 レーティング「ニュートラル」、目標株価1500円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均