6656 インスペック 東証M 15:00
1,100円
前日比
-40 (-3.51%)
比較される銘柄: ミナトHDウインテストADプラズマ
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.7 5.60 494
決算発表予定日  2016/12/09

銘柄ニュース

戻る
2016年06月16日09時56分

インスペックがS高、決算説明会資料では精密FPCの需要が拡大と

 インスペック<6656>が急反発し、ストップ高まで買われた。同社は15日に16年4月期の決算説明会資料を公表。これを機に改めて成長期待などが高まっているようだ。

 資料では、精密FPC(フレキシブルプリント配線板)が急成長するなか、同社製品の需要が拡大。また、ほかの分野でも、4K液晶TABテープ向け検査装置などの受注が増加していることを示した。なお、同社が10日に発表した中期経営計画では、19年4月期の連結営業利益目標7億5000万円(16年4月期実績は1900万円の赤字)を掲げている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均