6619 ダブル・スコープ 東証1 10:38
1,752円
前日比
+32 (+1.86%)
比較される銘柄: 旭化成東レ高度紙
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.9 2.85 0.14 1.45

銘柄ニュース

戻る
2016年09月09日11時00分

ダブル・スコープが4連騰、リチウムイオン電池関連に物色の矛先

 ダブル・スコープ<6619>が4連騰で約1カ月ぶりの2000円大台復帰を指呼の間に捉えているほか、田中化学研究所<4080>、昭和電工<4004>などリチウムイオン電池関連株に高いものが目立つ。

 世界的な環境規制強化の流れのなかで、エコカーも二酸化炭素排出量を今よりさらに少なくしようとする動きが顕在化してきており、ハイブリッド車(HV)よりも電気自動車に補助的にエンジンを搭載したプラグインハイブリッド(PHV)や電気自動車(EV)の普及が今後加速する可能性が指摘されている。車載用リチウムイオン電池の需要がこれまで以上に高まる公算が大きく、関連メーカーの動きも風雲急だ。

 そうしたなか、ダブル・スコープが韓国で新工場を建設し、耐熱性の高いセパレーターの生産能力を倍増させる方針にあることが一部で伝わり、これが株価を刺激する格好となった。セパレーターはリチウムイオン電池の正極材と負極材を絶縁する機能を持つ主要部材で、特に熱に強いコーティング型セパレーターは欧州向けで高い需要が発現している。

 同社株の動きに触発されて正極材を手掛ける田中化研や負極材を手掛ける昭和電工なども買い優勢の展開となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均