6501 日立製作所 東証1 15:00
617.3円
前日比
-4.2 (-0.68%)
比較される銘柄: 東芝三菱電パナソニック
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.9 1.14 2.28

銘柄ニュース

戻る
2016年01月13日16時14分

イーストン Research Memo(6):半導体や電子部品を主として扱う技術系エレクトロニクス商社


■会社概要

(1)沿革

ルネサスイーストン<9995>は1954年に福島電気工業(株)として設立された。かねてより電気・電子部品の販売を手掛けてきたが、日立製作所<6501>と電子管についての第1号の特約店契約を締結し、事業を拡大させてきた。

同社は日立製作所と密接な関係にはあったが、広範囲にわたる日立製作所の事業分野の中の半導体製品、電子部品製品の領域に特化していた。そうしたなか、日立製作所は汎用DRAMをエルピーダメモリ(株)(現マイクロンメモリ ジャパン(株))として、ロジック系半導体を(株)ルネサステクノロジとして分社化した。こうした流れのなか同社は、2003年にルネサステクノロジの販売子会社であった(株)ルネサス販売と特約店契約を締結し、また2009年4月にはルネサス販売の子会社であった(株)ルネサスデバイス販売と合併し、現社名に変更した。その後、ルネサスエレクトロニクス(ルネサスエレ社)の誕生に伴いルネサスエレ社の特約店となった。

このような沿革を反映して、ルネサスエレ社が最大株主として同社株の21.50%(2015年3月31日現在)を保有するほか、日立製作所も2.31%(同)を保有しており、ビジネスと資本の両面において、両社と深いつながりを有している。ルネサスエレ社は、同社が2015年2月25日に発表した「新株式発行及び株式売出しに関するお知らせ」にあるように、同社株式150万株を売り出したが、これは投資家層の拡大と株式流動性向上のためであり、両社は従来どおりの強固な関係を維持している。

株式市場には1984年に店頭登録をして株式を公開した。その後、大阪証券取引所JASDAQへの上場を経て、2014年2月に東京証券取引所第2部に上場した。さらに同年9月には、早々に東証1部に指定替えとなり現在に至っている。

(2)事業の概要

同社は半導体や電子部品を主として扱う、技術系エレクトロニクス商社である。ルネサスエレ社製の集積回路(ICチップ)を主体に、半導体素子(トランジスタ、ダイオードなど)や表示デバイス(LCDパネルなど)、一般電子部品などを扱っている。

商材の仕入先はルネサスエレ社が約80%、日立グループが約5%、それ以外が約15%という構成だ。この15%の部分を同社は新規ビジネスもしくはCSB(Customer Satisfaction Business)と称している。CSBの製品は海外メーカーのものも多く、向け先としては民生向けなどが多いという特徴がある。

最終需要先としては産業と自動車がそれぞれ40%前後を占め、残りをアミューズメントと民生・OA・通信が占めている。産業をさらに細分化すると、設備投資関連と生産部品との両方が含まれている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均