6367 ダイキン工業 東証1 15:00
10,620円
前日比
-80 (-0.75%)
比較される銘柄: コマツ三菱重日立建機
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.4 3.20 1.13 0.36

銘柄ニュース

戻る
2016年01月26日11時18分

ダイキン、国内大手証券は17年3月期以降も増益確度が高いと判断

 ダイキン工業<6367>が反落。マイナススタートで始まり、その後も売りが優勢の展開。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、機械セクターの事業環境は、原油など資源価格の下落、円高進行、新興国経済の低迷などから、17年3月期以降の不透明感が増していると指摘。同社は、独自戦略による成長が可能である他、資源安メリットなどのコストダウン効果などから17年3月期以降も増益確度が高いと判断して、機械セクター内で好パフォーマンスが期待できると解説。

 レーティング「オーバーウエイト」を継続、目標株価を1万940円から1万2180円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均