6351 鶴見製作所 東証1 15:00
1,737円
前日比
-24 (-1.36%)
比較される銘柄: 酉島帝国電イワキポンプ
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.6 0.89 1.38 0.40

銘柄ニュース

戻る
2015年09月10日12時58分

鶴見製が続伸、豪雨対策関連として注目度高まる

 鶴見製作所<6351>が全般悪地合いに抗して続伸、上値抵抗となっていた25日移動平均線を上回ってきた。台風18号の日本列島横断で関東地域の天気は大荒れとなり、10日も豪雨の影響で電車の遅延などが相次いだ。国内では短時間の強雨観測数が年々増加の傾向をたどっており、国策としても豪雨対策は必須課題となっている。そのなか、同社は水中ポンプの大手で関連有力株として市場のマークが強まっているようだ。同社製品はゲリラ豪雨による2次災害対策として雨水排水用の需要を取り込んでいる。15年4~6月期の経常利益は前年同期比18%増の13億1600万円と足もとの業績も好調に推移している。

鶴見製の株価は12時50分現在1838円(△50円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年09月10日 14時57分

【関連記事・情報】

日経平均