6310 井関農機 東証1 15:00
2,373円
前日比
-39 (-1.62%)
比較される銘柄: クボタ丸山製ヤマシン―F
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.5 0.80 1.26 6.11
決算発表予定日  2017/11/13

銘柄ニュース

戻る
2015年11月18日15時00分

井関農が続伸で200円台回復、クラウドサービスで農業成長力強化の一端担う

 井関農機<6310>が続伸、低位株物色の流れを味方に200円台を回復。スマート田植機の開発や農業生産者向けクラウドサービスなどICT化戦略で先駆しており、TPP締結で国内農業の競争力強化が必須課題となるなど重要な鍵を握る。15年12月期の連結営業利益は39億円から10億円に下方修正しているが、株価200円割れで目先の売り物は出切った感触。JAによる補助金事業がスタートしたことでここ農機市場の月次実績が回復歩調にあることも株価に追い風となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均