6182 ロゼッタ 東証M 15:00
1,948円
前日比
-5 (-0.26%)
比較される銘柄: ソースネクスコムチュアエヌアイデイ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
103 14.09 0.23
決算発表予定日  2017/01/13

銘柄ニュース

戻る
2016年08月19日09時16分

ロゼッタが大幅反発、19年2月期に翻訳ソフト販売営業利益2.3倍目指すと報じられる

 ロゼッタ<6182>が大幅反発。きょう付の日本経済新聞で、「2019年2月期に、自社開発した翻訳ソフト販売の営業利益を1億6000万円と16年2月期実績の2.3倍に増やす方針だ」と報じられており、業績拡大期待が高まっているようだ。

 記事によると、日系企業の海外進出増に伴い翻訳需要は増えているとしており、人間より早く安く翻訳できるメリットを生かして、新たな収益源に育成するという。なお、同社では中長期ビジョンとして19年2月期に連結営業利益3億8900万円(16年2月期2億1600万円)の達成を目標として掲げている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均