現物
証券取引所が指定する制度信用銘柄以外で、現物取引のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
タメニーの【株価予想】を見る

6181タメニー

東証M
95円
前日比
-4
-4.04%
比較される銘柄
リンクバル, 
IBJ, 
一蔵
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2,695
時価総額 20.7億円

銘柄ニュース

戻る

タメニー Research Memo(8):短期業績回復実現と中長期成長基盤構築の3ヶ年


■タメニー<6181>の中長期成長戦略

1. 3ヶ年中期経営計画
3ヶ年中期経営計画では、2022年3月期-2024年3月期を短期業績回復の実現と中長期成長基盤構築の3ヶ年と位置付けている。目標値については、初年度2022年3月期の目標値を引き下げたが、2023年3月期及び2024年3月期の目標値は据え置いて、最終年度2024年3月期の売上高147億円、営業利益27億円、営業利益率18.6%以上としている。当面の業績回復に向けて、売上げの拡大とともに、拠点統廃合や人員再配置などによって利益率改善を図る。また中長期成長基盤構築では、年間約8,000組の顧客基盤(結婚相談所の成婚退会者数約2,500組、カジュアルウエディング領域の施行件数約5,500組)も活用して、高付加価値サービス拡充による利益率向上を推進する。また財務面では債務超過の早期解消及び借入金の早期返済を実現し、株主還元では3年以内の配当実施を目指す方針としている。

2. 婚姻組数減少でも市場シェア拡大余地大きい
各種調査(出所:総務省、ブライダル総研「婚活実態調査2019」、(株)リンクバルなど、一部推定)によると、未婚率上昇(男性は2000年13%から2020年27%に上昇、女性は2000年6%から2020年18%に上昇)や、婚姻組数減少(2015年63万組から2019年59万組に減少)という事業環境である。さらにコロナ禍で事業環境は一段と悪化した形だ。ただし婚姻組数における婚活サービス利用割合は2015年8%から2019年には13%まで上昇している。「コロナ禍以降、パートナーが欲しいと思う」という問いに対しては79%が「そう思う」と答えている。またウエディングに関しては、少人数形式のカジュアルウエディング及びフォトウエディングの施行割合上昇が予想されている。

同社は、コロナ禍を除いて年間約8,000組の成婚・結婚式をプロデュースしているが、市場シェアは婚姻組数年間約59万組に対して約1.4%に過ぎない。結婚相談所を起点として、婚活領域からカジュアルウエディング領域、新生活サポートサービス領域まで、幅広く全方位的な一気通貫の高品質・高付加価値サービスを展開し、高い信頼性とブランド認知度を確立している同社の強みを発揮すれば市場シェア拡大余地は大きいだろう。なお中長期的に成婚・結婚式プロデュース年間3万組以上を目指すとしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

《AS》

 提供:フィスコ

日経平均