6177 AppBank 東証M 15:00
483円
前日比
-9 (-1.83%)
比較される銘柄: イードグリーGMOメディ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.21 1,803

銘柄ニュース

戻る
2018年05月31日07時32分

前日に動いた銘柄 part2:アーバンライフ、アークン、グローバルWなど


銘柄名<コード>⇒30日終値⇒前日比

TOKYO BASE<3415> 961 -61
29日には大和証券が目標株価を引き下げ。

富士電機<6504> 773 -26
特に材料も観測されず地合い悪化に押される。

DMG森精機<6141> 1814 -91
欧州売上比率の高さを警戒視。

東ソー<4042> 1871 -71
安値更新で信用買い方の見切り売りも。

ヒューリック<3003> 1101  -46
融資残も高水準で個人投資家の見切り売り集まるか。

三菱UFJ FG<8306> 661.0  -23.3
米長期金利の低下を映して売り優勢に。

ジャパンディスプレイ<6740> 122  -5
引き続きアップルの有機EL本格採用懸念強まり。

第一生命HD<8750> 2026.5  -59.0
米長期金利の低下で金融関連株は日米で下落へ。

トヨタ自動車<7203> 6841  -135
対米貿易摩擦や円高で自動車株買いにくい。

アーバンライフ<8851> 1135 +150
固定資産譲渡で最終益上方修正、財務体質の改善を評価も。

共同PR<2436> 3460 +500
1株につき3株の割合で株式分割を実施。

ベクター<2656> 517 -47
29日にソフトバンクとの提携蒸し返しで買われた反動。

アークン<3927> 1510 -170
前週買われた情報セキュリティ関連株にも利益確定の動き。

グローバルW<3936> 5420 +590
スイス子会社設立完了でICO期待再燃。

TBCSCAT<3974> 1697 +148
18年10月期の上期業績を上方修正。

UMN<4585> 431 +80
塩野義薬<4507>との提携に係る第1回マイルストーン達成。

AppBank<6177> 855 -68
「SPINDLE」などが期待材料だが信用規制や過熱警戒感が重し。

ハーモニック<6324> 5140 -180
リスク許容度低下で高バリュエーション銘柄に売り圧力。

岡藤HD<8705> 307 +28
引き続き日産証券との提携で。好需給でも物色集める。

アルファポリス<9467> 4785 +225
好業績、6月末の株式分割に向けて思惑も。

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均