6176 ブランジスタ 東証M 15:00
1,904円
前日比
+32 (+1.71%)
比較される銘柄: セプテニHDエムアップアエリア
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.86 137

銘柄ニュース

戻る
2016年03月18日15時16分

<動意株・18日>(大引け)=フォーサイド、ブランジスタ、クルーズなど

 フォーサイド<2330>=後場一時ストップ高。同社はきょう、子会社のフォーサイドエンタテイメントがテックビューロ(大阪市)と業務提携し、ブロックチェーン技術の実証実験を開始すると発表。これが材料視されているようだ。この提携でテックビューロが持つプライベート・ブロックチェーン技術「mijin」を、フォーサイドグループが運営するスマートフォン向け次世代SNSアプリ「Catchboard」のポイントシステムに用いる実証実験を実施する。

 ブランジスタ<6176>=後場に入りストップ高で上場来高値を更新。昨年10月に設立されたブランジスタゲームの第一弾ゲームとなるスマホゲーム「神の手」への期待感が高まっているもよう。同社は昨年12月8日に、リリース時期は16年6~7月を予定しているが、早ければ4~5月になる可能性もあるとコメントしている。「神の手」は、リアルとバーチャルを融合させた設計が特徴。総合プロデューサーには秋元康氏が就任している。

 クルーズ<2138>=後場一段高。同社は17日、ファストファッション通販「SHOPLIST.com by CROOZ」に、カラフル・ボード(東京都渋谷区)が提供するファッション人工知能「SENSY(センシー)」の試験導入を開始したと発表。また、同日には「SHOPLIST.com by CROOZ」アプリのダウンロード数が200万を突破したことも明らかにしており、これらが買い手掛かりとなっているようだ。

 JUKI<6440>=急反発。17日の取引終了後、自社株取得枠の設定を発表しており、これを好感する買いが入っている。100万株(発行済み株式数の3.35%)、10億円を上限としており、取得期間は18日から12月22日まで。

 ランドコンピュータ<3924>=急伸。同社は17日引け後、16年3月期の非連結業績予想の上方修正を発表。売上高は従来予想の71億5000万円から73億8000万円(前期比16.5%増)に、営業利益は同4億6600万円から5億5500万円(同49.2%増)に引き上げている。会社側では、ネットバンク案件や保険関連、電力小売全面自由化案件が堅調なことに加え、セールスフォース関連の受注が堅調だったと発表した。同社はあわせて、16年3月期の期末一括配当を従来予想の45円から50円に増額することも発表している。

 ロックオン<3690>=大幅高で3連騰。「ビッグデータ」「人工知能(AI)」「IoT」などの活用に積極的で、リアルとネットを融合した企業と顧客のコミュニケーションの円滑化を事業コンセプトとしており、成長期待を背景に投機資金の買いが続いている。推定2万2000店舗以上で利用されるオープンソースのECプラットフォーム「EC-CUBE」を提供するが、ヤマトクレジットファイナンスと共同開発した 「クロネコあんしん決済サービスモジュール」を、EC-CUBEのユーザー向け決済ツールとして14日から提供しており、これが株価を改めて刺激するかたちとなっている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均