6172 メタップス 東証M 15:00
4,200円
前日比
+215 (+5.40%)
比較される銘柄: アイリッジロックオンブレインP
業績: -
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.30 140
決算New!  2017/10/20 発表

銘柄ニュース

戻る
2016年10月31日07時40分

前日に動いた銘柄 part2:デンソー、富士通、メタップス、ストライクなど


銘柄名<コード>⇒10月28日終値⇒前日比


富士電機<6504> 494 -28
通期営業利益は470億円から450億円に下方修正。

デクセリアルズ<4980> 848 -47
通期営業利益は44億円から19億円に下方修正。

フュージョン<4845> 957 -34
25日線下落で処分売りが優勢に。

東海理化<6995> 1980 -86
通期最終利益は185億円から130億円に下方修正。

JACリクルート<2124> 1295 -48
28日の決算発表を控えて出尽し懸念も。

東邦チタニウム<5727> 705 -42
上半期営業利益は従来計画を下振れ着地。

花王<4452> 5418 -325
7-9月期は営業減益に転じており。

ネクスト<2120> 888 -16
不動産株安の流れが響く形か。

野村総研<4307> 3655 -130
通期営業利益は620億円から590億円に減額。

不二製油<2607> 2048 -56
上半期業績上方修正も想定の範囲内か。

日清紡HLDG<3105> 1011 -44
上半期は一転営業赤字に下方修正。

三菱UFJ<8306> 543.9 +9.2
ドイツ銀行の決算通過なども安心感に。

富士通<6702> 608.4 +9.1
みずほ証券では投資判断を格下げ。

オリコ<8585> 196 -4
好決算発表も目先の出尽し感につながる。

りそなHLDG<8308> 457.3 +12.4
金融関連株高の流れに乗る。

ANA<9202> 289.7 +7.1
上半期の業績上振れ観測報道伝わる。

オリックス<8591> 1686 +66.5
ドイツ証券では投資判断を格上げ。

リコー<7752> 858 -39
上半期営業利益は市場予想を大きく下回る着地に。

デンソー<6902> 4478 +117
場中に決算発表、上半期実績は従来計画を上振れ。

富士フイルム<4901> 3970 -102
通期営業利益は2200億円から1920億円に下方修正。

サイバーAG<4751> 3050 -65
「ameba TV」への投資はネガティブとも。

JR東海<9022> 17805 -90
27日に発表の決算はサプライズが乏しく。

日ピグメント<4119> 219 +34
通期営業利益は5億円から8億円に上方修正。

マーキュリア<7190> 1950 +258
高値更新で一段の需給改善期待も。

イクヨ<7273> 149 -8
復配を好感で27日に上昇の反動。

GNI<2160> 176 +6
東光薬品工業とヘルスケア製品分野で販売提携。

ジェイテック<2479> 267 +34
17年3月期上期は従来予想から利益上振れ。

夢の街創造委<2484> 2573 -121
LINE<3938>連携への期待強いが27日急伸した反動安。

Jストリーム<4308> 523 +57
16年4-9月期は営業利益34%増と2ケタ増収増益。

インフォコム<4348> 1605 +141
電子書籍の好調等で17年3月期上期は増益幅拡大の見込み。

メタップス<6172> 2002 -235
直近の目標株価引き下げ観測と信用規制で調整続く。

ストライク<6196> 13230 +830
上場来高値更新。好需給で物色集める。

テラプロ<6627> 752 -48
16年4-9月期は営業利益56%減。

FVC<8462> 2050 +289
先日の報道に加え年末が迫りZMP上場期待根強い。

エージーピー<9377> 1027 +150
16年4-9月期は全セグメント増収で営業利益58%増。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均