6145 日特エンジニアリング JQ 15:00
4,545円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: ユニオンツル小森ツガミ
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
29.3 3.29 0.62 13.36

銘柄ニュース

戻る
2015年11月10日17時40分

日特エンジの第2四半期は2ケタ営業減益、経営資源の投入先行し巻線機事業が減益

 日特エンジニアリング<6145>は10日引け後、16年3月期第2四半期累計の連結決算を発表した。売上高は113億2200万円(前年同期比14.1%増)、営業利益は8億6100万円(同14.5%減)で着地した。
 研究、イノベーションへの経営資源の投入を先行、全売上高の約95%を占める巻線機事業は前年同期比で2ケタの増収となったものの、セグメント利益は減益となった。ただ、非接触ICタグ・カード事業は前年度から受注増加傾向が続いていることから増収となり、セグメント利益は前年同期比2.0倍となった。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均